おでこを出す手術をしたい方へ

美容外科手術、「プチ整形」の登場でどんどん身近なものになっているのではないでしょうか。アートメイク感覚で自分の顔をカスタマイズできると言う事で若い女性を中心に施術を希望する人は年々増えています。自分のおでこって普段はあまり気にしないものですが、最近おでこを出す手術を受ける人が増えています。日本人は扁平な顔立ちの方が多く、額も平らな傾向があります。そこで額に丸みを与えると、フェイスラインの印象ががらりと変わります。横から見た時も欧米人のようなフェイスラインに近づき、整った顔立ちになります。額に丸みをもたせる方法には色々ありますが、一般的には、頭髪内を切開して、額の骨に人工の骨セメントを置く手術が行われます。骨セメントは徐々に自分の骨と同化していきます。しかしそこまで大がかりな手術はしたくないという方には、ヒアルロン酸注入で額をふっくらとさせる方法もあります。これなら日帰りでまさにアートメイク感覚で受けれるので、まずはお試しと言う方にはこちらをおすすめします。

おでこを出す美容整形を受けてみよう。

日本人はおでこが扁平な人が多く、暗い印象を与えてしまったり、年齢よりも老けて見える場合があります。美容整形では、欧米人のように立体的なおでこを出す手術を行っています。頭髪内をメスで切開をして、人工の骨セメントを入れることで、時間を経過すると骨と同化するので、とても自然でナチュラルな印象になります。顔が立体的になって、正面顔だけでなく、横顔の均整も取れるので、幅広い年代の人が施術を受けています。メスを使用して切開をする手術には抵抗を感じている人が多いので、美容外科のクリニックでは、ヒアルロン酸を注射器で注入する方法も行っています。自然な印象にするために、ヒアルロン酸の量を調節しながら、注入をしてくれるので、安心して施術が受けられます。メスを使用する方法に比べると、短時間で施術が終わりますし、腫れも目立ちにくいのが特徴です。

おでこを出すことで女子力アップ。

おでこを出すのを嫌がる女性はわりと多いです。広いのがコンプレックスだったり、眉毛がコンプレックスだったりと前髪によって隠した方がいいと思っている女性がかなりいます。しかし、おでこを出すだけで様々なメリットがあり蒸す。まず対人についてですが、人と会話をするときに前髪がない方がまゆげや目の印象がはっきりとして表情が分かりやすく明るい顔に見えて印象がよくなります。また、美容面ではどうしてもおでこは皮脂が多いので前髪で隠してしまうと油っぽくなりニキビや肌荒れの原因になってしまいます。そうなるとますます前髪で隠すようになり治りもせず悪循環に陥ってしまいます。思春期の頃にニキビができたらなるべくさわらず前髪をあげて過ごしましょう、といわれた方も多いのではないでしょうか。華やかな美しい大人の女性を目指しましょう。