短め前髪で、おでこを出すイメチェンを

おでこを出す髪型というと、多くの人の頭にまず浮かぶのは、ワンレンや斜め分けの前髪です。これらは長く伸ばした前髪を両サイドにわけ、耳にかけたりヘアピンで留めたりしておでこを出します。けれど最近は、長く伸ばすのではなく、逆にとても短くすることでおでこを大きく出す髪型が流行っています。火付け役となったのは、十代の女性たちに絶大な人気を誇るモデルの女の子で、生え際ギリギリの所で切りそろえた、かなり短いパッツン前髪がトレードマークです。彼女のそのヘアスタイルは斬新で愛らしく、人とちょっと違った事がしたいと望んでいるオシャレな女性たちの間で大変話題となっています。とは言え、髪をバッサリ切るのは勇気が要ります。しかし、暖かくなるこれからの季節に、軽やかな前髪はピッタリです。イメチェンをしてみるには一番いい時期かも知れません。

女性がおでこを出す事でイメージを変える事

いつもとイメージや雰囲気を変えたいと考えたりした時に、髪型を変えたりメイクを変えたりするなどの方法があります。例えば、いつもと違うアイシャドウの色を使ってみるだけでもイメージは違ってきますし、薄くしたり濃くしたりしても変わってくるなと感じます。また、髪型でいうと、おでこを出すだけでも随分とイメージは違ってきます。やはり、顔の全体が出るからこそ、日頃出さない人からすると恥ずかしかったり本当に似合うのかなと心配になってしまうのかもしれないですが、出してみるだけで実は意外と小顔に見えたりしますし、女性らしさが出るという事もあります。ですので、チャレンジしてみると良いなと思っています。恥ずかしいなと思う時には、おでこ意外は髪を下ろしておくようにする事で、初心者でも試しやすいんじゃないかなと、とても思っています

おでこを出すことで印象が変わります

営業マンは、でこを隠すなと、よく言われていました。それは、でこ(額)は第三の目と呼ばれる運気を上げる効果があるよ様です。と言うのも、でこを隠し髪の毛を下ろしていると暗い印象になり相手に与えるイメージを悪くしてしまいがちです。特に、取引先などを回る際には、明るく清潔な印象を持ってもらった方が取引にも繋がりやすいですし、素早く関係性を築いていける事は分かります。女性にも同じ事が言えます。でこが広くコンプレックスを感じている人も、女性には多いですが、おでこを隠すよりも上げた方が好印象を持てます。顔の輪郭も小顔に見え、綺麗な雰囲気になります。聞いた話では、でこ上げは美人にしか似合わないと言う噂まである様なので、これからおでこを出す事に興味があれば勇気を出してやってみて下さい。きっと、今までに無い何かを感じることが出来ます。